なぜ部下が思い通りに動いてくれないのか?

動いてくれない理由

1)言葉では理解できたが、実際にどう行動すればよいのか分からない

2)あなたとの価値観の違いから本当に納得をしていない

3)他の上司とやるべきことを共有していた

4)時間がないので、そこに着手できない

5)言っている事に一過性がなく、どうせまた違う事を言われるから

 

上記の理由が非常に多いです

 

自分自身を見直す事から始めてみる

動いてくれない理由は様々あったとしても

根幹は【あなた自身があなたを理解していない】事が原因です

 

自分を棚卸してみたことはありますか

 

長所、短所、趣味、夢、目標、興味。。。

 

即答できる人はなかなかいないのではないでしょうか

 

自分の事は自分が一番わかっているつもりでも、それはぼんやりと分かっている

だけで、本当に分かってはいないのです

 

という事は、仕事の目標もぼんやりと分かっているだけで明確には答えられないのではないでしょうか

 

自身が明確なビジョンを描けていなければ部下は迷ってしまいますね

 

これが部下が動いてくれない根本的な理由です

 

よくある状況①

管理者になると分ると思いますが、数字【売上】をベースに事を考えるようになります

 

これを達成するための道を作る事が仕事のメインですね

 

ここのプロセスを考え続ける事が仕事なので常に悩まされます

プロセスに答えがないから猶更です

 

ここが重要なポイントで、【答えが無い事を自身も部下も追いかける事になるので考え方が微妙にずれてしまう可能性があります】

 

伝言ゲームを行って、部下の部下に自分が伝えた事を聞いてみてください。

きっと違う答えが返ってくる事でしょう

 

あなた自身の考えが明確なポイントを押さえていないため部下は分かっていないのです

 

面談では、長々と話しをしていませんか?

 

もし、長くなっているようであれば、あなた自身の伝える力に問題があります

 

売上を上げる為の自身の考えがまとまっていないことが要因です

 

よくある状況②

管理者の方は全体の数字ベースで物事を考えます

 

しかし部下は全体の数字を知りません

プレイヤーだった時を思い出してください。どこまで会社の数字を把握していましたか

 

会社全体を伝えても部下は??です

知らず知らずの内に自分語りになっていませんか?

きっと、部下は内心【で、自分は何をするの?】と思っていますよ

 

全体の数字から部下が理解できる数字目標に因数分解し伝える事が重要です

 

部下の能力に合わせた数字目標を与え、それを達成する為のアクションをお互いに共有する事

 

数字で物事を語る事は勿論大事。しかし部下はプレイヤーです。

部下と話す時は、1つの数字目標を伝え、それのプロセスを語りあいましょう

 

よくある状況③

部下を目標を達成するための【道具】となっていませんか

 

仕事とは関係ないかと思われがちですが、部下は【人間】です

 

人間という事は、部下にも夢や目標があり、仕事に対しても様々な考えをもっています

 

それを理解してあげていますか?

 

そこを理解せず、自分がやってほしい仕事だけを部下にやらせていませんか?

 

仕事なんだから得意、不得意関係なくやらなければならない!

こんな考えでは誰も動かないですよね

自分の考えを押し付けては駄目です

 

【夢や目標を理解してあげる事で、部下の適正を見抜いてあげる】

 

ずばり、コミュニケーションで部下を認識することです

 

人間は、自分の事を理解してくれる人間に信頼を寄せいていく傾向にあります

 

上司、部下という括りでは無く、人と人として向き合う状況を定期的につくると距離感はグッと縮まります

 

あなた自身、家族や友達、親はあなたの事を理解してくれていませんか?

その人の言う事だから納得はせずとも受け入れる事も多々あるはずです

 

まとめ

1)コミュニケーションを図り、部下を【人】としてみる

2)売上目標を達成する為の、プロセスを明確にする

3)その数字を因数分解し、部下が理解できる数字目標を提示する

 

やるべき事が明確になり、【人】としてコミュニケーションを図れば今の現状を必ず打破できますので是非お試しください

 

相談承ります

とはいえ、今の自分の現状とこのブログでの解決方法をリンクさせる事が出来ないという方もいらっしゃるかと思います。

 

あなたの今の状況を伺い、それに対する解決策を提示致します

 

http://alinx.whitesnow.jp/contact/

 

上記、URLのお問合せからご相談ください

 

勿論無料なのでご安心ください

管理者時代 私のストレスランキング

ランキング発表!

 

管理職になると仕事量も増えストレスも増えます。

私は28歳で管理職になり、退社する36歳までの8年間様々な経験をしてきました。

管理職時代を振り返った時、何が大変だったかランキングにしてみます。

 

1位 上司の能力が低い

 

ゴマすりが上手く口達者な人。

よくいるタイプですが、これが出世していくと本当に大変ですね!

すぐに部下に見透かされちゃうんです。理想ばかりを伝えて中身が無い!と。

理想論上司と現実論部下に挟まれて。。。

 

なんで上司を育てなきゃいけないんだよ!!ダントツのストレス1位です(笑

 

増田式攻略法は⇒のちほど

 

2位 会議ばっかりでうんざり

 

売上を上げるための戦略、戦術を考案し営業利益を増やす。

それを上司と握るのは大事だと思いますが、あなたを理解させるの面倒です。

あなたを理解させる能力をあげても売り上げあがらないんですけど。。。

いつも思ってました。

 

自分の仕事もあるだろうけど、本気で売上あげたいなら現場来いよ!!(笑

 

増田式攻略法は⇒のちほど

 

3位 プライドが高く口達者な部下

 

【部下が出来ないのは自分の育成能力が足らないから】なので部下の責任だと思う事はありません。しかし昔を思い出したとき、ある一人のどうしようもない部下を思い出してしまいました。屁理屈を並べて動かない。出来ない理由を述べて改善案を出さない。仕事中に自分に有利な法律を調べている。

 

100人以上は部下を育成してきましたが、どうやって成長させようかではなく、どうやったら上手く【退職したい】と思わせられるか。を真剣に考えましたね(笑

 

増田式攻略法は⇒のちほど

 

4位 イエスマン

 

上司、部下問わず、自分の意見がない人を見ると、『あーこれは、成長に時間が掛かるな~』面倒だ。と感じストレスになっていました。自分で考える事が出来ないタイプなので問題が起きた時に表面上の解決策を提示、本で勉強した知識だけで解決を図ろうとし根本にある問題を解決できないですね。

 

時間は掛かりますが、上司、部下問わず教えていけば考えられるようになるので途中からはストレスが無くなりましたが最初は大変です。。。

 

増田式攻略法は⇒のちほど

 

5位 若い女性

 

嫌いではない!いやっ違いますね(笑

プライベートなら良いですが、部下となると大変ですね。一人ならまだ良いですが、集団になってしまうとここは動物園ではないよねっ♪てなります。放置するとモラルの低下から組織が壊れる可能性が高いです。

 

若い女性に仕事の話しなんかしても通用しません。返事はしっかりしてくれるけど、うるさいおっさんだな位にしか思われないですよね。最初は攻略法を生み出すのに苦労しましたが、若い女性の育成方法を編み出した後はストレスになりませんでした♪

 

増田式攻略法は⇒のちほど

 

まとめ

とりあえず5位まで。振り返ってみると私のストレスの要因は【人】。特に上司に対してストレスをためていました。

 

私なりの見解ですが、【人】の部分はいくら本を読んでも解決はできません。

 

どれだけ真剣に【人】と向き合ってきたかです。

 

【人】の部分でストレスゼロは難しいですが、正しい方法で向き合えば軽減させる事は可能です。

 

人材育成に関しては全て体当たりで色々な攻略法を見つけてきましたので当ブログで紹介していきます。

 

全て独学、独自の理論になりますので、人材育成を【机上論で語りそれを披露】している方よりは楽しんでいただけますのでご期待ください。

 

※言い方は悪いですが、人材育成で苦労した分、実体験の無い方、ちょっとかじった程度の経験、机上論は好きではありません。

 

当ブログを読んで頂き少しでも管理者の方々のストレスを軽減出来れ幸いです。